スキンケアの落とし穴

正しいスキンケアをするうえで、しらなくちゃいけないこと。

それは間違ったスキンケア方法。

これを知っていないと、一生懸命スキンケアしてても間違ってたらお肌に悪影響を与えてしまいますもの。

そんなわけでメモも兼ねてスキンケアの落とし穴について、日記をかいてみたいと思います。

まず、洗顔やクレンジングの際にお湯は厳禁。これからの寒い季節ならなおさらお湯を選びがちですけどコレってNG行為。やりならせめてぬるま湯。

お湯で洗顔すると、水やぬるま湯にくらべて肌の水分量がもっていかれやすくなり、つっぱり感があがります。

あと、ターンオーバーを意識しすぎてピーリングなどの角質ケアしすぎるのもNG。本来は肌自身がターンオーバーする力をもっているので手助け程度がいいそう。月1回くらいに抑えて。

あまりやりすぎると、角質が薄くなりすぎて、バリア機能ゼロのお肌になってしまいます。いわゆるビニール肌になってしまう危険性もあるみたいですよ。

化粧品にも消費期限ってものが存在して、だいたい6ヶ月ぐらいを目安に交換したほうが良いみたい。いつまでも使っていると雑菌が繁殖して、それを顔にのせることになっちゃうから注意が必要ね。

モッタイナイ気持ちもわかるけど、正しいスキンケアを実践するには時間のたった化粧品にはサヨナラですね。わたしも乳液、けっこう経ってた気がするから買い換えないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です