肌コンディションを整えるのもバランスが大事

こんにちは。

とても久しぶりの更新になります。

冬になると毎年のように乾燥がヒドくて、しかも年のせいか年々その乾き加減に拍車がかかっているような気がしている今日この頃です。

私30代も半ばに差し掛かり、周りにはアラフォーの先輩方が多いのですが、この年代辺りの鉄板の話題なんでしょうか。
美容や健康に関する話題が多いなと感じながら自分も関心が最近高まっています。

私は乾燥肌で肌が弱いこともあって、割とスキンケアに気をつけているのですが、最近は一筋縄ではいかないなと・・・感じる事が多いです。

スキンケアだけで十分なエイジングケアが感じられなくなってきているのは、間違いなく年齢的な部分が大きいと考えていますが、代謝の低下やストレスや食生活などの内面的な部分のケアが足りてないのかなと。

私の友人の一人は、化粧品よりサプリメントを信用していると言っていましたが、肌の事はやっぱり内面と外からのケアのバランスが重要なのかなと考えるようになり、肌のことと言えば女性ホルモンだったりビタミンB2とB6が肌コンディションを整える役割を持っているそうで、おまじない感覚でサプリメントを試してみようかなと最近、いろいろ物色しています。

ピンポイントでB2とB6というのは難しいから、マルチビタミンだったり酵素とかスムージーとか青汁系がイイのかなと、ボチボチ気長に試してみたいと思います。

栄養も結局はバランスでしょ、っということにたどり着きそうですが、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に取り入れて、食物繊維を摂るようにして腸内環境を整え、ビタミン・ミネラルを十分に補給する。

・・・結局、やっぱバランスですね。バランスよくって難しい。

乾燥肌対策に始めたこと

こんにちは。

最近、若い頃よりすり傷の治りが遅くなったような気がします。ちょっとした事ですけど歳を感じてしまいます。

あと筋肉痛なんかも次の日じゃなく翌々日に出たりする事も、これがおばさんになることなんかと。苦笑

30代になるとターンオーバーも遅くなっていきますから、若々しい肌を維持して-5歳肌でアラフォーを迎える為には、代謝を良くして肌の若々しさを今以上にキープできるようにしたいです。

代謝を良くするためにはやっぱり適度な有酸素運動が欠かせませんよね。ジョギングまでしなくても30分とか1時間程度のウォーキングで十分なんだそうです。運動はなかなか始められていませんが・・・

それでも最近は乾燥を予防するためにクレンジングを変えてみました。

いままでキレイさっぱり洗えれば良いと思って、しっかり落ちるものをと言う考えで使っていましたけど、やっぱりかさかさするのは良くなく肌に分泌される皮脂は必要だから分泌されているということを考えさせられ、メイク汚れは落としながら乾燥から肌を守る皮脂は落とし過ぎないものを使ったほうが良いっていう認識に変わりました。

乾燥肌の私が選んだのはクレンジングゲルです。ジェルやクリームよりクレンジングゲルを選んだ理由ですが、こちらが参考になると思います。

今人気のクレンジングゲルを比較! | クレンジングランキングNavi

クレンジングをいいものに変えたことによって、メイクを落としたときの肌が良くなりました。洗顔したら保湿はしっかりしますけど、クレンジングした時にいい感じでしっとりしてるから、保湿化粧品の浸透も良くなったような気がします。

前より乾燥しにくくなったという感じです。

化粧品でうるおいを与えるだけでなく、奪い過ぎない、落としすぎない事で肌コンディションが良くなりました。それに化粧水や美容液にお金を掛け出すとけっこう負担が大きくなりますけど、クレンジングなら高くても知れてますからね。

そんなにお金かけなくても良いものを使えるというのも私にはあってるような気がしています。

乾燥対策に入浴中にできるパック

おはようございます。

乾燥対策を日々実行しています。習慣にするべく、気をつけて努力ですね。

代謝を上げて、血行を良くするため、お風呂には長めに浸かるように心がけるようになったのですが、その間にできることがほかにないか調べたところ、お風呂の中でのパックが乾燥に良いのだそう。

やり方は簡単で、お風呂に浸かったらオロナインやワセリン、ユースキンなどの軟膏を塗って、お風呂上がりに冷水ですすぐかコットンで拭き取るだけ。

はちみつと1対1で混ぜたり、ラップで蓋をしてお風呂に浸かるとよりスチームパックの効果があって、しっとりするそう。

毛穴の角栓がよく取れるので、毛穴パックの前にするととても取れるという話もありますね。

毛穴パック自体、お肌を傷めるということであまり勧められてない感じや、使うなら入浴後は肌を傷つけやすいので良くないとか、いろんな情報がありますが、どうなんでしょう(汗)

私は肌が荒れるのが嫌なので、興味津々なのですが毛穴パックはパスしておこうかな?と思います。でもあんまり毛穴が気になったら試しても良いかも。

化粧品というよりも、薬だと思っていた軟膏がこんな美容効果があったなんておどろきです。

手軽にできそうなので、週に1.2回のスペシャルケアとして取り入れようかなと思っています。

ラップを使うと顔の表面の血流も良くなりそうですし、ハリも良くなりそうで今晩試すのが楽しみです。

 

化粧パフに潜んでいるニキビの原因

こんばんは。

スキンケアについていろいろ調べてきたつもりですが、盲点が見つかったのでメモしたいと思います。

ファンデーションのパフですが、茶色く汚れるのはファンデーションの色だから当たり前・・・と思って洗っていなかったのですが、パフの表面に顔の皮脂が残り、それが酸化し雑菌が繁殖し、それを顔につけることでニキビのもとになってしまうそうなのです。

せっかく洗顔やクレンジングできれいにしているのに、汚れを塗ってしまっていたというショックです。

ぞっとして、その情報をみたその足でパフをきれいに洗いました。

洗い方は、ぬるま湯で台所用洗剤や石けんで洗って影干しするだけ。

方法は簡単なのですが、洗っても洗っても、茶色い水が出てくるのでかなり丁寧に時間をかけて洗いました。これを顔に擦り付けていたなんて・・・衝撃です(汗)

洗い替えにパフを何個か持つもの良いですし、使い捨てタイプのパフを使うのも良いかもと思っています。

使いやすく角のある形に切られてる使い捨てタイプは、細かい場所にもファンデーションをきれいにのせられるので、ちょっと気持ちが動いていますね。

ニキビがなおらないな、と思っている人はパフを洗ったり変えてみると良いかもしれませんよ。

きれいに洗ったパフは化粧のりも良いので気持ちいいです。肌に化粧品を塗るだけがスキンケアじゃないんですね。

メイクブラシやチップも総点検で洗いたいと思います。

肌に触れるものすべての清潔が、元気な肌を維持する秘訣なんですね。

くすんだ肌から美白へ

こんばんは。

華々しくアラフォーになるためには、透明感のある白い肌を維持したい。くすんだ顔でいくらメイクしても良くは見えませんよね。

くすみがちな肌は、血色の悪さや、黒ずんでいる状態のことを言うそう。
くすみを解消するために、調べたことをメモ。

黒ずみの原因になる日焼けは厳禁。たるみやシミの原因にもなるので絶対NG行為。
秋でも外に出る時は、メイクにUV対策取り入れるといいそう。

顔はたっぷり塗りすぎると、化粧崩れと化粧浮きの原因になるので、塗るのは一円玉程度に抑えて。

手のひらに出して、3分の2は顔全体に伸ばして、残りは眉間や頬骨など、出っ張っていて紫外線が当たりやすい場所に塗ると効果的。
ティッシュオフしてからファンデーションを塗って完了です。
こうすると、日焼け止めはちょっとの量でも、ファンデーション両方でしっかりUV対策ができるみたいですよ。

ただ、日焼け止めはクレンジングをしっかりしないと、肌荒れやシミ、かえってくすみの原因になってしまうそう。
クレンジングで手抜きをするのは絶対NG行為。

あと、ビタミンC誘導体が入った化粧品も効果があるみたい。

肌の角質層に届いて、毛穴を引き締め、紫外線に当たるとできてしまう活性酸素を除去して、日焼けのもとのメラニンをできにくくしてくれるそう。

最近は、ビタミンC誘導体が入った化粧品も多く売られてるみたいなので、探してみようと思います。

ただ、ビタミンC誘導体と間違えられがちなのがビタミンC。

ビタミンCは空気にふれたり、太陽の光に触れると酸化して、逆に肌を傷つけるそう。なので驚くことに、フルーツパックはNGなんだそう。

ビタミンC誘導体は、酸化しないようビタミンCの安定性を高めて、吸収されやすくしたもので、それぞれ違うもの。間違えないようにしなくちゃ。

飲むサプリメントとしてもビタミンC誘導体は美白にいいそう。

血色の悪さは、バランスの良い食事と十分な睡眠で身体の中から改善するといいみたいですよ。

寝る前に保湿すると肌のターンオーバーが促進されて、くすみの無い肌に近づけるんだとか。

高いパックでなくても、ローションシートに化粧水をしみこませて、自宅でお金をあまりかけずにパックする方法もあるみたいなので、日々実行してみたいと思います。

シンプルなアイテム選びとこまめな手入れで、美白で透明感のある肌を手に入れたいです。
継続は力なりですね。信じてやっていくつもりです。

スキンケアの落とし穴

正しいスキンケアをするうえで、しらなくちゃいけないこと。

それは間違ったスキンケア方法。

これを知っていないと、一生懸命スキンケアしてても間違ってたらお肌に悪影響を与えてしまいますもの。

そんなわけでメモも兼ねてスキンケアの落とし穴について、日記をかいてみたいと思います。

まず、洗顔やクレンジングの際にお湯は厳禁。これからの寒い季節ならなおさらお湯を選びがちですけどコレってNG行為。やりならせめてぬるま湯。

お湯で洗顔すると、水やぬるま湯にくらべて肌の水分量がもっていかれやすくなり、つっぱり感があがります。

あと、ターンオーバーを意識しすぎてピーリングなどの角質ケアしすぎるのもNG。本来は肌自身がターンオーバーする力をもっているので手助け程度がいいそう。月1回くらいに抑えて。

あまりやりすぎると、角質が薄くなりすぎて、バリア機能ゼロのお肌になってしまいます。いわゆるビニール肌になってしまう危険性もあるみたいですよ。

化粧品にも消費期限ってものが存在して、だいたい6ヶ月ぐらいを目安に交換したほうが良いみたい。いつまでも使っていると雑菌が繁殖して、それを顔にのせることになっちゃうから注意が必要ね。

モッタイナイ気持ちもわかるけど、正しいスキンケアを実践するには時間のたった化粧品にはサヨナラですね。わたしも乳液、けっこう経ってた気がするから買い換えないと。