くすんだ肌から美白へ

こんばんは。

華々しくアラフォーになるためには、透明感のある白い肌を維持したい。くすんだ顔でいくらメイクしても良くは見えませんよね。

くすみがちな肌は、血色の悪さや、黒ずんでいる状態のことを言うそう。
くすみを解消するために、調べたことをメモ。

黒ずみの原因になる日焼けは厳禁。たるみやシミの原因にもなるので絶対NG行為。
秋でも外に出る時は、メイクにUV対策取り入れるといいそう。

顔はたっぷり塗りすぎると、化粧崩れと化粧浮きの原因になるので、塗るのは一円玉程度に抑えて。

手のひらに出して、3分の2は顔全体に伸ばして、残りは眉間や頬骨など、出っ張っていて紫外線が当たりやすい場所に塗ると効果的。
ティッシュオフしてからファンデーションを塗って完了です。
こうすると、日焼け止めはちょっとの量でも、ファンデーション両方でしっかりUV対策ができるみたいですよ。

ただ、日焼け止めはクレンジングをしっかりしないと、肌荒れやシミ、かえってくすみの原因になってしまうそう。
クレンジングで手抜きをするのは絶対NG行為。

あと、ビタミンC誘導体が入った化粧品も効果があるみたい。

肌の角質層に届いて、毛穴を引き締め、紫外線に当たるとできてしまう活性酸素を除去して、日焼けのもとのメラニンをできにくくしてくれるそう。

最近は、ビタミンC誘導体が入った化粧品も多く売られてるみたいなので、探してみようと思います。

ただ、ビタミンC誘導体と間違えられがちなのがビタミンC。

ビタミンCは空気にふれたり、太陽の光に触れると酸化して、逆に肌を傷つけるそう。なので驚くことに、フルーツパックはNGなんだそう。

ビタミンC誘導体は、酸化しないようビタミンCの安定性を高めて、吸収されやすくしたもので、それぞれ違うもの。間違えないようにしなくちゃ。

飲むサプリメントとしてもビタミンC誘導体は美白にいいそう。

血色の悪さは、バランスの良い食事と十分な睡眠で身体の中から改善するといいみたいですよ。

寝る前に保湿すると肌のターンオーバーが促進されて、くすみの無い肌に近づけるんだとか。

高いパックでなくても、ローションシートに化粧水をしみこませて、自宅でお金をあまりかけずにパックする方法もあるみたいなので、日々実行してみたいと思います。

シンプルなアイテム選びとこまめな手入れで、美白で透明感のある肌を手に入れたいです。
継続は力なりですね。信じてやっていくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です