乾燥対策に入浴中にできるパック

おはようございます。

乾燥対策を日々実行しています。習慣にするべく、気をつけて努力ですね。

代謝を上げて、血行を良くするため、お風呂には長めに浸かるように心がけるようになったのですが、その間にできることがほかにないか調べたところ、お風呂の中でのパックが乾燥に良いのだそう。

やり方は簡単で、お風呂に浸かったらオロナインやワセリン、ユースキンなどの軟膏を塗って、お風呂上がりに冷水ですすぐかコットンで拭き取るだけ。

はちみつと1対1で混ぜたり、ラップで蓋をしてお風呂に浸かるとよりスチームパックの効果があって、しっとりするそう。

毛穴の角栓がよく取れるので、毛穴パックの前にするととても取れるという話もありますね。

毛穴パック自体、お肌を傷めるということであまり勧められてない感じや、使うなら入浴後は肌を傷つけやすいので良くないとか、いろんな情報がありますが、どうなんでしょう(汗)

私は肌が荒れるのが嫌なので、興味津々なのですが毛穴パックはパスしておこうかな?と思います。でもあんまり毛穴が気になったら試しても良いかも。

化粧品というよりも、薬だと思っていた軟膏がこんな美容効果があったなんておどろきです。

手軽にできそうなので、週に1.2回のスペシャルケアとして取り入れようかなと思っています。

ラップを使うと顔の表面の血流も良くなりそうですし、ハリも良くなりそうで今晩試すのが楽しみです。

 

化粧パフに潜んでいるニキビの原因

こんばんは。

スキンケアについていろいろ調べてきたつもりですが、盲点が見つかったのでメモしたいと思います。

ファンデーションのパフですが、茶色く汚れるのはファンデーションの色だから当たり前・・・と思って洗っていなかったのですが、パフの表面に顔の皮脂が残り、それが酸化し雑菌が繁殖し、それを顔につけることでニキビのもとになってしまうそうなのです。

せっかく洗顔やクレンジングできれいにしているのに、汚れを塗ってしまっていたというショックです。

ぞっとして、その情報をみたその足でパフをきれいに洗いました。

洗い方は、ぬるま湯で台所用洗剤や石けんで洗って影干しするだけ。

方法は簡単なのですが、洗っても洗っても、茶色い水が出てくるのでかなり丁寧に時間をかけて洗いました。これを顔に擦り付けていたなんて・・・衝撃です(汗)

洗い替えにパフを何個か持つもの良いですし、使い捨てタイプのパフを使うのも良いかもと思っています。

使いやすく角のある形に切られてる使い捨てタイプは、細かい場所にもファンデーションをきれいにのせられるので、ちょっと気持ちが動いていますね。

ニキビがなおらないな、と思っている人はパフを洗ったり変えてみると良いかもしれませんよ。

きれいに洗ったパフは化粧のりも良いので気持ちいいです。肌に化粧品を塗るだけがスキンケアじゃないんですね。

メイクブラシやチップも総点検で洗いたいと思います。

肌に触れるものすべての清潔が、元気な肌を維持する秘訣なんですね。